アンチエイジングの一つとして、美容クリニックで治療を受ける女性が急増しています

表情が変わる

エステティシャン

施術を受ける前に知っておきたいリスク

巷では小顔が大流行していて、とにかく顔が小さいことで何倍にも可愛らしく見えることから、女性は小顔ケアに熱心です。ただし、どんなに小顔ケアをしたとしてもエラが発達していたり咬筋が発達してしまっている場合、マッサージやエステではどうにもならないことがあります。そこで考案されたのが発達したエラや咬筋を弛緩させることで顔を小さくするというボトックス注射です。プチ整形の一つであり、注射器一つで発達したエラを弛緩させ、シャープな顔立ちになることができるのが魅力です。ただし、このボトックス注射には副作用が確認されています。たしかに、繰り返し注射をすることでエラ張りを改善し、小顔になることができますが、表情が固くなってしまうリスクが高くなります。ボトックス注射では筋肉を弛緩させる効果が高いことから、やりすぎると副作用として表情の変化が出にくくなってしまうのです。また、頭痛や目の異常といった副作用が確認されているので、施術を受ける際には十分注意したいところです。

初心者がボトックス注射を受ける際に注意したいのは、技術力の高いクリニックを選ぶことです。特に、発達した咬筋に注射をする場合、医師の腕があまり良くないと他の部分にまでボトックスの効果が出てしまい、表情が出にくくなってしまうという副作用が確認されています。また、施術を受けた部分が気になるからといってこすったり揉んだりすることは避けることです。患部に刺激を与えるとその部分が炎症を起こしたり、内出血を起こすリスクが高まることを知っておく必要があるのです。ボトックス注射はプチ整形の中ではそこそこ高価な施術であることから、施術後の経過を医師に診てもらう必要があります。ボトックス注射を行う場合、医師はかみ合わせに影響が出ないように最新の注意を払っていますが、かみ合わせに影響が出た場合には、歯科医にもかかることをおすすめします。かみ合わせが悪くなることで頭痛が生じる危険性もあるので、施術後に体調が優れなかったり副作用による不調を感じるときには医師に相談することです。

Copyright© 2019 アンチエイジングの一つとして、美容クリニックで治療を受ける女性が急増しています All Rights Reserved.